【Here We Go!!】Fabrizio Romano氏とは一体何者なのか!?Here We Go の意味とは!?

Arsenal News

んにちは!

ブロガー兼GoonerのANAKINです!

Here We Go!!!

夏の時期に関しては、海外のFootball移籍市場真っ只中ということで、今最もバズっていて、信頼のおける情報をお伝えしているであろうFootball JournalistFabrizio Romano氏(ファビリツィオ ロマーノ)について書いていきたいと思います。

Twitterなどでも連日トレンド入りしているので、もう知っているよ!という方も、知らなかったという方も是非見てくれると嬉しいです!

スポンサーリンク

★人物紹介★

Embed from Getty Images

生年月日:1993年2月21日(29歳)
出身地:イタリア ナポリ
職業:Sky Sports Italia所属のJournalist
Twitterフォロワー数(2022/6/19):876万人
Instaフォロワー数(2022/6/19):794万人

調べてみて思いましたが、若!?

って思いましたね。
勝手に40歳くらいのおじさんだと思っていました。(笑)

現在ツイッター、インスタ含め、Youtubeなどでも情報を発信している彼は、Sky Sports Italiaに所属しているとのこと。そもそもSky Sportsの記者だったんですね。勝手に独立して移籍情報流してるJournalistだと思ってました。

そして以外にもYoutubeをやっており、もちろん英語ですが、各選手や移籍情報に関するうわさの信ぴょう性についても述べております。筆者はTwitterしかろくに追ってませんでしたが、Youtubeもこれはこれで面白そうなので見てみたいと思います。

★魔法の言葉「Here We Go」★

Embed from Getty Images

Romano氏といえば、皆さんご存じのこの言葉ですね

「Here We Go!!!」

最近では、バイエルンのレヴァンドフスキのバルセロナ移籍やドルトムントのアーリング・ホーランドのマンチェスターシティー移籍をこの「Here We Go!!!」という言葉で報じております。

「Here We Go!!!」言葉自体には深い意味はないですが、この言葉がRomano氏のTwitterで投稿されると、ほぼ100%その移籍情報は「成立している」という魔法の言葉なのです!!

レヴァンドフスキに関しては22/7/15に情報が出て公式発表はまだですが、ホーランドに関しては、公式発表の何日も前から移籍情報をタレこみしているのです!

今シーズンも夏の移籍では20人以上のHere We Go!を出しており、続々と的中させてきております。
夏の移籍シーズンはまだまだ続くので、もっとこれから伸びるでしょう!

また、21年の冬の移籍市場ですとJSPORTSさん調べでは38人中36人を的中させたとのことで、
驚異の94%越え

恐るべき正確性ですね。こういった数々の成功を収めることで、今は移籍市場で最もHotで信頼性の置けるJournalistの座を築けたと思います。

★バズリの所以★

なぜここまで彼はバズったのか。
それは時代の後押し(TwitterやInstagramの流行り)もありましたが、ある選手の移籍情報でここまで広く知られるようになったとのことです。

それはマンチェスターユナイテッド所属ブルーノフェルナンデスの冬の移籍についてです。

Embed from Getty Images

2020年1月30日に契約発表をしたブルーノフェルナンデスですが、彼についてRomano氏はいち早く情報を仕入れており、公式発表の1日前にHere We Goを出しておりました。そして次の日に公式発表がなされ、当時スポルティングで2年連続プリメイラ・リーガの最優秀選手賞を取っていたブルーノのビックディールと、マンチェスターユナイテッドのNewsともあり、世界中に名前を知られるJournalistに上り詰めたとのことです。

★最後に★

各チームのファンやサポーターがあらゆる情報に心踊らせ、絶望し、希望の光を見たと思ったら絶望をする移籍市場。

そのあらゆる情報が取り巻く移籍市場で絶対的な正確性とスピードで、あらゆるクラブのファンに魔法の言葉「Here We Go!!!」で安らぎと心の平穏を与えてくれる彼には今後も目が離せませんね!

私事ですが、普段はArsenal関連の記事を中心に取りまとめております!
これを機にたくさん見てくれると嬉しいです!

【God's Child】Arsenalが生んだイングランドの至宝!Bukayo Sakaに迫る!
Arsenal近年の至宝。Bukayo sakaに迫ります。

それでは皆さんばいちゃ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました